胡蝶蘭はお祝い事に贈る花として、非常に人気があり、また、社会的にも一般的です。

他にも多くの観賞用・ギフト用の花があるわけですが、その中でも胡蝶蘭は、縁起のいい花言葉があったり、見た目は華やかでも花粉や香りは少なく、その上花持ちが良く長く楽しめたりするなどの理由から、お祝いに贈る花として、日本文化に定着しているようです。

また、胡蝶蘭は時期を選びません。栽培農家は花を咲かせるタイミングも細かく調整しています。そのため、通年、ベストな状態で贈れるという、(贈る方からすれば正直…)都合のいい花でもあるのです。

さて、そんな胡蝶蘭ですが、では実際、どのようなシチュエーションで贈るのが一般的なのでしょうか。また、具体的に贈るとなると、お金のこと…相場も気になるところです。

胡蝶蘭を贈るときに忘れてはいけない5つのポイント

シチュエーション別の相場を見る前に、まず、基本の胡蝶蘭マナー5点を確認しましょう。

・お祝い事によってタイミングを考える
後にそれぞれ詳述しますが、あるシチュエーションで胡蝶蘭を贈るときにも、その前後のどちらがいいのか、というタイミングの問題があります。必ず押さえるべきマナーです。

・贈り先に胡蝶蘭を飾る場所があるかどうか
豪華な胡蝶蘭は、場を華やかにしてくれます。しかし、お金をかけてたっぷりと贅沢な胡蝶蘭を贈っても、それを飾るための場所がなく、相手を困らせてしまうこともあります。

「この胡蝶蘭を贈って、飾れるだろうか…」その点も、よく考えるようにしましょう。

・奇数の本数で贈る
これも有名なマナーですね。お祝い事の花は、「割れない数」として奇数で揃えます。

中でも一般的なのは、3本立ての胡蝶蘭。豪華にしたいときには、5本立てでOKです。

・立札をつける
その他からもたくさんの頂き物がその場に並ぶと、貰った側も、何を誰から送ってもらったかが分からなくなります。そのため、必ずつけなければならないのが、名前を入れた立札です。ビジネスのアピールにもなるので、会社間でのやり取りの場合には必須ですね。

・お祝いのメッセージを添えよう
通常は、小さなカードに、お祝いのメッセージを添えるのも、基本的なマナーです。

シチュエーション別の相場を知って胡蝶蘭を贈ろう

さて、では、本題――胡蝶蘭を贈るべきシチュエーションと、相場についてです。

◎開業祝い(開店祝い・開院祝い)
一般的に「胡蝶蘭を贈る」というと、このシチュエーションを想像される方が多いでしょう。お店や病院には、好みが分かれる香りの強いものや、あまり一般的とは言えない色の胡蝶蘭は避けるべき。また、タイミングとして、オープンの前日に贈るのがマナーです。

相場は、通常は10,000円~30,000円です。

より良い花を贈りたいならば、30,000円~50,000円が妥当だと言われています。

◎新築祝い
新築のお祝いに贈る胡蝶蘭は、色は白がやはり無難ですが、相手が好きな色を良く知っているなら、そのカラーをチョイスすると喜ばれます。贈るタイミングとしては、新築のお宅のお披露目、またはその人が引っ越しを済ませてから、1週間以内程度がベストです。

相場は、家族間ならば、通常は10,000円~30,000円です。

知人・友人関係ならば、5,000円~10,000円程度。

法人宛てならば、20,000円~40,000円が妥当だと言われています。

◎当選祝い
選挙に当選された方のお祝いに贈る胡蝶蘭は、気品ある白とするのがマナーです。すべての票が開票されて、正式に当選が決定してから贈るのが、ベストなタイミングでしょう。

相場は、通常は10,000円~50,000円です。

◎就任・昇進・退職
仕事に転機を迎え、新たな役職に就任される方、また昇進される方、そして退職される方にも、胡蝶蘭を贈ると喜ばれます。色は、薄ピンクなどが華やかで清潔感もあり、良いでしょう。贈るタイミングとしては、その当日か、辞令のあった1週間以内が一般的です。

相場は、取締役や役員への昇進であれば、30,000円~50,000円。

社長への就任であれば、50,000円~。

退職祝いの胡蝶蘭の相場は、15,000円~30,000円程度とするのが基本でしょう。

◎記念日のお祝い
ここまでは改まった場で贈る胡蝶蘭の相場を見てきましたが、そのようなお祝い事だけではなく、誕生日や記念日などの、ちょっとした贈り物としても、貰う側には喜ばれます。

記念日のお祝いの胡蝶蘭の相場としては、10,000円前後で十分でしょう。

どちらかと言えば記念日の胡蝶蘭の場合は、その華やかさや、「お金がかかっている」という雰囲気よりも、気持ちが喜ばれます。そのため、自筆でのメッセージカードなどを添えると、非常に好印象です。ご家族に、恋人に、胡蝶蘭を贈るのも、大人の嗜みでしょう。

――その他にも様々に胡蝶蘭を贈るべきシチュエーションはありますが、一般的な範囲では、こんなところです。まだ温室栽培の技術も低かったかつては、希少で高価だった胡蝶蘭ですが、今では相場を見ても分かる通り、十分に庶民にも手が届く値段です。大切な人や、お世話になった人への感謝を示したいときには、一度検討してみるといいでしょう。

胡蝶蘭についてもっと細かく知りたい方はこちら

おすすめの記事
コラム
お店を開店や開業したり就職などをした時には様々な贈り物をしますが、そのような時に選ばれることが多いのが花です。 華やかなイメージや花言葉で選...
コラム
胡蝶蘭は、縁起事の贈呈花として定番です。 結婚式に、開業祝いに、冠婚葬祭の場面でも、胡蝶蘭が贈られます。会社で「花を贈っておいて」と言えば、...