胡蝶蘭をもっと魅力的に見せるアレンジメントいろいろ
贈り物として用いられることが多い胡蝶蘭は、鉢植えだけでなく切り花を使ったアレンジメントも存在します。

大きさや模様など種類が豊富なので、他の花と合わせやすいのが特徴です。
肉厚の花びらで存在感があり、空間を華やかに演出することができます。

今回は贈るシーンごとに、胡蝶蘭がより魅力的にみえるアレンジメントのバリエーションを紹介します。

誕生日や母の日にぴったりなアレンジメント

誕生日のお祝いとして胡蝶蘭のアレンジメントを贈る場合は、相手がどんな色が好きか考慮するのが大事です。
色の種類が豊富な胡蝶蘭は選択肢が広いため、相手の好みに合わせて選びやすくなっています。

さらにドーム型やバスケット方のアレンジメントもあるのが魅力です。
胡蝶蘭だけを使ってアレンジメントをしたり、他の花と組み合わせるなどいろいろな方法があるので検討してみましょう。

メッセージカードも一緒に添えておくと、より気持ちを伝えられます。

次に、母の日に贈るフラワーギフトとしても胡蝶蘭はおすすめです。
母の日といえばカーネーションが選ばれることが多いですが、胡蝶蘭を交えることによってより高級感を出すことが可能です。

胡蝶蘭と同様にカーネーションもカラーバリエーションが豊富なので、いろいろな組み合わせから選べます。

この他、入学式や卒業式でも胡蝶蘭のアレンジメントは最適です。
ミニブーケタイプのアレンジメントならば、おしゃれで可愛らしくなりますよ。

何人かのグループで胡蝶蘭のアレンジメントを贈る場合は、フラワーアレンジメントをキャンバスに施すことで寄せ書きとして使うことができます。

鉢植えよりも手軽に贈れてバリエーションも豊かなのが、胡蝶蘭のアレンジメントです。
季節を問わず様々なイベントで利用でき、他の花と組み合わせれば予算も抑えられます。

結婚式やお見舞いにはどんなアレンジメントがいいか

幸福が飛んでくるという花言葉や豪華な見た目から胡蝶蘭のアレンジメントは、結婚式に最適です。

特に白の胡蝶蘭は清純という花言葉があるので、結婚式で利用するアレンジメントとしてぴったりですよ。

純白のウエディングドレスにもよく合います。また胡蝶蘭は格調高いイメージがあるため、和装の式でも使うことが可能です。

キャスケードブーケなどの垂れ下がるタイプのブーケならば、蝶が飛んでいるような綺麗なラインを作ることができます。

さらに出産祝いのギフトとしても、活用してみましょう。お店によってはおもちゃやぬいぐるみと一緒に、胡蝶蘭をアレンジメントしてくれることがあります。

次に、花粉や香りが他の花と比べて少ないため、マナーを守ることが大事なお見舞いの場でも胡蝶蘭のアレンジメントは活用できます。

寝付くという言葉寝付くを連想させるため鉢植えを贈るのはマナー違反ですが、アレンジメントならば花瓶も必要ないです。

また、花の色に関しても慎重になりましょう。青や白といった葬式をイメージする色や、血を思い出すような赤は避けるべきだといわれています。

優しいパステル調のピンクや、明るいビタミンカラーのイエローなどがおすすめです。
大きいサイズの花が病室にあると邪魔になってしまうので幅が広いタイプや背の高いタイプは避けて、小さいドーム型に胡蝶蘭をアレンジメントするといいですよ。

胡蝶蘭のアレンジメントはビジネスシーンでも活躍する

新しく事業やお店を始めた方に対して贈る開業祝いや開店祝いとして胡蝶蘭のアレンジメントを選ぶならば、いくつかのポイントがあります。

まず開店の前日か当日に届くようにしましょう。
アレンジメントの色に関しても注意点が存在します。赤色は火事や赤字を連想するので選ばないように気をつけましょう。

ラッピングをしてもらう場合も、赤一色にならないようにお店の人に伝えておくと安心です。
また、置く場所に関しても、あらかじめ確認しておくべきです。

設置できるスペースが小さい場合でも胡蝶蘭のアレンジメントならば、鉢植えより対応しやすいですよ。
さらに、ビジネスシーンで花を贈る場合は、立札を一緒に添えるのがマナーだとされています。

胡蝶蘭の色は赤リップで花びらが白のタイプが紅白で縁起がよいため、開店祝いなどでは選ばれることが多いです。
お店や事務所が比較的小さい場合は、ピンクなどの綺麗なカラーが使用されたあまり大きくないアレンジメントが選ばれることもあります。

次に定年や結婚などのおめでたい理由ではなむけとして胡蝶蘭のアレンジメントを贈るならば、当日は荷物が多くなってしまうことが多いので、送別会で渡すことをおすすめします。

アレンジメントの色は、渡す相手のイメージに合ったものを考えてみましょう。
退職祝いでも立札を一緒に添えておくと印象がよくなりますよ。

いろいろなシーンで活用できる胡蝶蘭のアレンジメント

今回紹介したように、胡蝶蘭のアレンジメントはプライベートやビジネスを問わずいろいろなシーンで贈ることができます。
実店舗で購入できるだけでなく、通販サイトでも胡蝶蘭のアレンジメントは手に入れることが可能です。

温室栽培されているため年間を通して入手することができ価格も変動しにくいので、シーンに合わせて胡蝶蘭がより魅力的になるアレンジメントを考えてみましょう。

アレンジメントなど胡蝶蘭を送るときのおすすめはこちら

おすすめの記事
コラム
贈り物としても重宝される事が多い美しい花「胡蝶蘭」は温室で育てるのであれば1年中見る事が出来ますし、家庭で育てる場合は春頃から秋頃まで楽しむ...
コラム
胡蝶蘭は洋ランの品種の1つであり、カトレヤやデンドロビウムなど世界ではたくさんの洋ラン品種が栽培されています。 洋ラン鑑賞が本格化したのは1...
コラム
お店を開店や開業したり就職などをした時には様々な贈り物をしますが、そのような時に選ばれることが多いのが花です。 華やかなイメージや花言葉で選...
育て方
記念の贈答品として贈られることも多い胡蝶蘭、開店祝いや新築祝い、退職祝いなどに友人知人から渡されたので、とりあえず水をやってしばらくの間鑑賞...
コラム
胡蝶蘭は冠婚葬祭、またギフト用の花として、日本では定番です。 しかし、胡蝶蘭の原産地は日本ではありません。洋ランの仲間である胡蝶蘭は、熱帯の...