胡蝶蘭は、縁起事の贈呈花として定番です。

結婚式に、開業祝いに、冠婚葬祭の場面でも、胡蝶蘭が贈られます。会社で「花を贈っておいて」と言えば、その花とはつまり、胡蝶蘭のことです。品種も様々で、花の色にも意味があり、それぞれで値段も違います。知れば知るほど、なかなか奥深い世界なのです。

ところで、「贈る花」としての胡蝶蘭の“歴史”について、詳しくご存知の方は多くないでしょう。バラもキクもそうですが、ある特定の花が、なぜ観賞用、贈呈用になったのか――何事にも必ず背景があるもので、胡蝶蘭にも、日本の文化に定着した理由があります。

■胡蝶蘭の発見から日本に輸入されるまで
まず、胡蝶蘭が発見されたのは、1836年のことだと言われています。

見つかった場所、すなわち原産地は、赤道付近の諸国です。インドネシア、パプアニューギニア、フィリピン、そして台湾南部。またそれ以外にも、原種は、中国南部から東南アジア、またオーストラリアというアジアの隅々に分布しています。

実は、最初に発見された頃の胡蝶蘭は、今のような観賞用の美しいものではありませんでした。原種は約2.5万種類あると言われていますが、その中でも、今よく見るお祝い用の胡蝶蘭のような形をしていたのは、約1割程度と言われています。

そのため、原種の状態で整った姿の胡蝶蘭は、ごく一部の上流貴族の間で非常に高値で取引されていました。その当時に、「高級な観賞用の花」というイメージが付いたようです。この頃は、まだ、熱帯の花を人工的に管理する技術も未熟で、生育は難しいものでした。

日本に胡蝶蘭が入ってきたのは、明治の末期のことです。

現在から、約100年前――この当時には、原種の発見から時間も経ち、生育環境が整備され、品種改良も盛んに行われており、すでに現在よく見る胡蝶蘭の状態に近いものだったと言います。白やピンクや点花など、多彩な花弁を持つ胡蝶蘭が、市場に出回りました。

ちなみに、品種改良以前の原種は、胡“蝶”蘭とはいえ、その実、“蝶”のイメージとは真逆の“蛾”のような、茶色っぽいものや、とても鑑賞には適さないものが多かったといいます。すなわち、我々が今、「胡蝶蘭」と言っているものは、発見当時のごく限られた品種をお手本にして、品種改良が進み、観賞用として整えられた姿のものだと言えそうです。

胡蝶蘭が日本に入ってきたルートは、原産地から直――ではなく、“イギリス経由”だと言われています。これは、当時の上流貴族の間で観賞用にされていたのが、まさしく、今ある胡蝶蘭の姿である、純白な白い花弁を持つものだったからです。イギリスでは、胡蝶蘭の発見からまだ間もない時期に品種交配が行われ、純白の品種の栽培に成功したのだとか。

■栽培技術の向上と一般的な定着まで
胡蝶蘭は原産地が熱帯のランで、もともと、人工的な生育は非常に困難とされた花です。

そのために高価であり、一部の上流階級の人たちのみが、観賞用に部屋に飾ったりすることを許されていましたが、日本では明治時代に輸入されるようになり、その頃から温室栽培の技術も徐々に向上するにつれて、一般市民の間でも鑑賞・贈呈用の花として浸透していきました。

日本の栽培農家の技術は、世界でもトップクラスだと言われています。温室が全国に普及するまでにはやや時間がかかりましたが、それからは、胡蝶蘭などの熱帯の花も、ほとんど自然と同じ条件の環境を整えて栽培し、殖やすことに成功しました。またその技術も日々磨かれ、栽培における負担は、先進的な農家ではごく少ないものとなっているようです。

そのため、現在、日本では胡蝶蘭の栽培農家が全国各地にあり、それぞれに魅力あるオリジナルの品種を持っていたりもします。お祝い事のケースによっても、贈るべき花の形や色は変わってくるので、そのニーズに合わせた花の栽培が、各地で行われているのです。

さらに、「花を咲かせるタイミング」についての技術もピカイチです。胡蝶蘭はお祝い事に合わせて花を咲かせなければなりませんが、栽培農家は花の咲く時期をずらして、たとえば明日にでも一番いい状態で出荷できるような胡蝶蘭を、常にストックしているのです。

――さて、今から遡ること180年以上前に見つかった胡蝶蘭の歴史について、ここまで触れてきました。

発見当時は、ごく限られた品種が高値取引されていた胡蝶蘭ですが、今では品種改良と栽培技術の向上、また温室システムが整備されたことによって、価格帯も落ち着き、個人でも贈れるくらいの花になってきています。

機会があれば、一度、お世話になったどなたかのお祝い事に、胡蝶蘭を贈ってみてはいかがでしょうか? 今では花なんて古い、というイメージもあるかもしれませんが、ちょっと考えてみてください。開業したばかりのお店に、花の少しもないと、やはり「なんか寂しいな」という感じがします…。そのお店のオーナーも、自分で飾るわけにはいかないので、やはり誰かからもらうと嬉しいのが胡蝶蘭です。贈って喜ばれないわけがありません。

胡蝶蘭を送る際には是非こちらを参考にしてみてください

おすすめの記事
コラム
お店を開店や開業したり就職などをした時には様々な贈り物をしますが、そのような時に選ばれることが多いのが花です。 華やかなイメージや花言葉で選...
コラム
胡蝶蘭は主にお祝いのときによく贈られる花です。 花の色は主に白で、白の花しか知らない人も多いでしょうが、実は後でも述べるようにピンクの花もあ...
コラム
ギフト用の花として人気の胡蝶蘭には、原種だけで2.5万種があります。 そして、現在、花をより美しいものとするための品種改良・交配によって、そ...